ケアマネの今後:高齢化社会と変化する介護保険制度

近年、高齢化社会の進展に伴い、介護保険制度の利用者が増加しており、ケアマネージャーの需要も高まっています。

しかし、介護報酬改定受験資格の厳格化など、介護保険制度やケアマネージャーを取り巻く環境は大きく変化しています。

この記事では、ケアマネージャーの今後について、以下の3つのポイントを中心に詳しく解説します。

  • 高齢化社会と介護保険制度
  • ケアマネージャーの役割
  • ケアマネージャーの将来性

1. 高齢化社会と介護保険制度

日本は、2025年に超高齢社会に突入すると予測されています。超高齢社会とは、65歳以上の人口が総人口の20%を超える状態を指します。

超高齢社会の到来により、介護保険制度の利用者が急増することが予想されています。厚生労働省によると、2025年には介護保険制度の利用者が4700万人を超えると予測されています。

介護保険制度の利用者が増えると、ケアマネージャーの仕事量も増加します。具体的には、ケアプランの作成介護サービスの紹介・調整などの業務量が増加することが予想されます。

2. ケアマネージャーの役割

ケアマネージャーは、介護保険制度を利用する高齢者や障がい者の方々に、介護サービスの利用計画を作成したり、介護サービス事業者を紹介・調整したりする役割を担っています。

具体的には、以下の業務を担当しています。

  • ケアプランの作成: 利用者様の状態や希望を踏まえ、ケアプランを作成します。ケアプランには、利用者様がどのような介護サービスを利用するのか、具体的な内容などが記載されています。
  • 介護サービスの紹介・調整: 利用者様の状態や希望に合った介護サービス事業者を紹介・調整します。
  • 介護給付費の請求支援: 利用者様が介護サービスを利用した際に発生する介護給付費の請求を支援します。
  • その他: 利用者様やご家族への相談・支援、介護サービス事業者への指導・監督などを行います。

3. ケアマネージャーの将来性

高齢化社会の進展と介護保険制度の利用者増加により、ケアマネージャーの需要は今後も高まることが予想されます。

厚生労働省によると、2025年にはケアマネージャーの必要数が約50万人に達すると予測されています。

また、2024年度の介護報酬改定では、ケアマネージャーの業務負担軽減に向けた新たな報酬体系が導入される予定となっています。

これらのことから、ケアマネージャーは将来性のある職業と言えるでしょう。

ケアマネージャーという仕事に興味がある方は、介護職員初任者研修介護福祉士などの資格を取得することをおすすめします。

ファミーユファミーユケアプランセンター高蔵寺では、居宅ケアマネージャー未経験の方に対する手厚いOJTの仕組みがあり、丁寧な指導を行っています。ケアマネージャーとしてキャリアアップを目指す方は、ぜひファミーユファミーユケアプランセンター高蔵寺にご相談ください。

参考情報

お問い合わせ・採用応募

    気に入ったら拡散してくださいな

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA