BLOG

設立Free

設立Freeという素晴らしいものがある

介護施設は法人経営なので、法人設立の必要があるわけですが、最近のトレンドは、税理士さん主導で、司法書士さんタッグ組んでの設立料金格安パックみたいな入口が多いです。最終的には税理士の顧問契約がほしいという訳でしょうが、設立時のハードルを下げ、設立からの会計相談に無料で応じてくれる代わりに、設立後は顧問としての地位を確保しようという思惑ですね。 あるいみ顧客志向で良いと思います。こちらの法人(合同会社施恩)を設立する際にも、いろいろと有益なお話しを税理士さんからお聞きできてすごく役に立ちました。ただやっぱり顧問契約料が高い。一体顧問って... いろいろ話を聴いていくと、設立時の会計を除けば、いわゆる普通の売り上げで原価の考え方もないし・経費の管理をするのがメインで、消費税業者(年間1千万売上)も当面は無関係となると、それほど難しい話じゃない。確定申告の経験あって、売上・経費・固定資産くらいの知識があったらやれそうなところ。ただし、決算書類は多少めんどいらしい。

なので、ネットで、設立と会計の両方を安く済ませるノウハウを探してたら、以下のページにぶち当たった。

「設立Freee」の画像検索結果

これがすごい良かった。最終的には、この系列の会計ソフト(会計ソフトfreee)を使うのであれば、その費用が掛かるのだけど、年間1.5万くらいで、仕訳打てて、決算書はほぼ揃えてくれる。これは、はっきり言って、税理士の顧問料の1/10程度。さらに、前段の設立Freeは、法人設立に関わる書類や手順を相当オートマチックに片付けてくれる。やったのは、定款の目的を打ち込んで、あとは出てくる書類をあちこち郵送した程度。費用は、定款の電子認証に、5千円と、法人登記の6万円の印紙代 くらいなもんだった。 どちらにしても掛かる費用だし、代行料の類は、ほぼ支払らわなかった。(定款の電子認証は、電子申請できる司法書士に頼むと、5千円で済むが、自分で法務局にもっていってやると3万くらいになるので、こちらのDiscountもある。 こういった仕掛けも、冒頭の 税理士&司法書士タッグと構図は同じ)

会計ソフトfreee だけど、スマホから、レシート写真取込で証憑登録できたり、ネットバンク講座や、Webカード利用明細を自動連動させたりで、めっちゃ便利。確定申告・決済の悩みから少し解放されそう。

ただ、この後、介護ソフトに、会計ソフトハンドルされていると知って、ちょっともやもや...

法人事業所設立   2016/10/07   じゅん 代表

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください